• ホーム
  • アルゴリズムによる順位変動の特徴と対策方針

アルゴリズムによる順位変動の特徴と対策方針

あるwebサイトが本当に優れているかどうか、というのは実際には当該テーマの専門家が吟味しなければ正当に評価できないものです。しかしインターネットの世界に存在するサイトの数は膨大です。したがって検索アルゴリズムによって機械的に処理していくより他方法はありません。遺棄されてしまってすでに死んでいるサイトも沢山あるでしょうが、新規参入を果たすサイトもまた大量にあるはずで、今後その数は更に増していくことが予想されます。

こうした傾向によって、特に物販を目的とするサイト運営者はSEOに血道を上げることになります。ビッグネームの企業はそのネームバリューだけで商売ができますが、名前も知られていないし実績もない弱小事業者は、同じ土俵で大企業と競争しても勝ち目は絶対にないからです。したがってSEOの手法は今後も見直され、進化洗練を遂げていくはずですが、コンテンツの充実より手っ取り早いとばかりSEOのためのSEOという作為的な方法で検索順位上位を狙う動きは今後もなくならないでしょう。

検索アルゴリズムがコンピュータ・プログラムである以上は、様々な分野の専門家の目には敵わないものの、人の目によって当否を判断するレベルを目指して改良されていくはずです。そしてプログラムであるという特性を活かして効率も追求されます。作為的SEOが通用するのなら現行のアルゴリズムは陳腐化したということになり、やがて新しいアルゴリズムが投入されます。これがアップデートです。

Googleは小規模な改変こそ抜き打ち的に行ないますが、本質的な改変の場合は新しいアルゴリズム投入のアナウンスと、何を目指してどのような方針によりいつ行なわれるか、という情報を開示しています。アップデートが行なわれると、マイナーチェンジの場合は小さく、本質的アップデートの場合は大きくwebサイトの順位変動が発生します。物販系のサイトは特に検索結果リストの上位にいることが生命線ですので、アップデートの情報に対し素早く対応して対策を行なわなければなりません。

しかし本質を見据えたサイト運営をしていれば、実はGoogleがアルゴリズムを改変したとしても、サイトの検索結果における順位変動は少ないはずです。最も優れた対策は、いつもサイト内部を見直し、ユーザーに利便性を提供するという視点で、キーワード設定や適切な記事の書き方、総じてコンテンツの充実を目指しているはずですから。

実際にGoogleのアルゴリズム改変はユーザーフレンドリーを目指しているので、キーワード・記事・コンテンツといった内部対策の改善を継続的に行なっていれば、アップデートがあっても右往左往する必要はないのです。

サイト内検索
人気記事一覧