• ホーム
  • スピードアップデートを導入したことによる影響は?

スピードアップデートを導入したことによる影響は?

2018年1月に、Googleはスピードアップデートのアルゴリズム設計を公表しました。こちらもその主眼は、ユーザビリティの追求ということができるでしょう。パーソナルコンピュータであれば、多少古いモデル・OSであっても、インターネットにおける検索やwebサイトの表示速度が遅くて使い物にならないということはそうないはずです。しかしスマートフォンなどのモバイル端末の場合は、構造的に十分な容量を持つ余裕が少ないと言えそうです。しかしモバイル端末で行なわれるインターネット検索の頻度がどんどん高まっている状況においては、そうした構造的影響で検索速度・表示速度が遅くなるというのは好ましくありません。したがってSEOにもモバイル端末を想定したSEOが導入されるべき時期に来ています。

ページ読み込み速度は従来もGoogleは評価基準として採用していたことが、Googleウェブマスター向け公式ブログにおいて示唆されています。しかしそれまではあくまでパーソナルコンピュータによる読み込み速度がチェックされるに留まっていました。そして遂に2018年7月には公式に、ページ読み込み速度をモバイル検索の評価基準として採用することが発表されました。

ただし同じ発表の中で次のような注目すべき見解も見出せます。

webサイトがどのような技術によって記述されているかに関わらずスピードアップデートのアルゴリズムで評価しランキングを行なうものの、ユーザーの検索意図に合致する、魅力的で検索クエリとの関連性が高いコンテンツであれば、読み込みスピードに関わらず検索結果上位に表示される可能性は高いです、と(既出のGoogleウェブマスター向け公式ブログから)。

現状ではスピードアップデートをGoogleが導入したことによる影響は軽微です。とはいえIT各分野は今後の動向としてもモバイル端末万能型のサービスに向けて可能性を探っているので、いずれは読み込み速度の遅いwebサイトはGoogleの発表とは無関係にユーザーから嫌われてしまうという事態も想定されます。

したがってユーザーの嗜好を踏まえてwebサイトの改善を検討する必要は多分にある、と胆に命じておくべきです。スピードに関するパフォーマンスをチェックするツールなどは今のところ知られていませんが、そうしたサービスの発表にアンテナを張り、またいずれはそのサービスを利用して自らのwebサイトを診断します。そして自分自身でスマートフォンなどで検索してみて、ユーザーの体感と評価をイメージしてみる。そしてそのことが将来の検索結果にどう影響するかを想定します。

改めてPDCAサイクルを導入して改善のための検討を開始する、などができれば今のところ十分でしょう。