• ホーム
  • Google対策としてコンテンツと被リンクが重要

Google対策としてコンテンツと被リンクが重要

PCの画面

webサイト制作者の立場からは、まず高水準のコンテンツを用意するということが必須となります。元々インターネットが設計された時点では、その目的は論文を効率的に検索できることでした。論文である以上は、アカデミズムとオリジナリティが当然重視されます。したがって大量の論文をストックして自由に検索してアクセスできる世界を構築することがインターネットの設計思想であってみれば、webサイトの独創性が重要視されるのは当然です。唯一無二のコンテンツを含むサイトを構築することができたら、それ自体完全無欠なSEOとなります。Googleの評価としては最上位になり、検索順位の上位が保証されるでしょう。

しかし今日ではサイト制作の目的自体が多様化しているので、アカデミズムという性格は薄れてきています。ただし陳腐な内容や無責任な引用だらけのコンテンツでは、やはり検索アルゴリズムは評価しないようになっているはずです。

Googleが優れたwebサイトであると評価するのは生きているサイトです。過去のコンテンツといえども見直しや手入れがなされ、最新情報が加筆され続け、コンテンツの充実が継続的に図られていれば、それは生きているサイトとして有意義なのです。そして最新情報を常に積み重ねながら検索アルゴリズムから評価されて結果的にユーザーを集めていく、というのがコンテンツSEOです。サイトの充実を図る点で、こちらは内部対策としてのSEOとなります。

さてSEOの施策として他所からのリンクを集めることが効果的であるという予測がつきました。外部からリンクしてもらえることを被リンクと呼びます。優れたコンテンツを持つサイトであれば、類似テーマを扱う他のサイト制作者の注目を浴び、時間の経過とともに引用の形で多くの被リンクを得られるようになるでしょう。これが自然な被リンクです。そしてリンクにURLを直接表記するのではなく、サイト運営の集客目標であるキーワードでアンカーテキストになっていると、特に効果的です。被リンクを得るのは外部要因であるため、SEOとしては外部対策に含まれます。

アンカーテキストで注意しなければならないのは、キーワードに関連して正しくリンクしているということでしょう。Googleは検索アルゴリズムの動作が人による目視レベルに近づくようにとアップデートを繰り替えしていますので、不適切なリンクの貼り方は、近い将来アルゴリズムのアップデートが投入された際に検索順位を下げるなど不本意な結果を招く可能性があります。

サイト内検索
人気記事一覧